FC2ブログ

čĻ˜äš‹äļ€čĶ§

シãƒŦバマバマチãŪ霊čĻ“(äļƒ)å…ŦįŦ ã€€åĪ§ãããŠãĢたãƒŦマã‚đãĻポマãƒŦ

20180915144429c3a.jpg

å…ŦįŦ ã€€åĪ§ãããŠãĢたãƒŦマã‚đãĻポマãƒŦ

 ã‚ļãƒĢマナナã‚đãƒˆã§ã‚ã‚Šä―œåŪķでもあるPãƒŧミãƒĐマ氏ãŪ乌乹ãŪお子さん、ãƒŦマã‚đãĻポマãƒŦãŊã€ã”ãč‡Šį„ķおį’°åĒƒãŪäļ­ã§ã€äļĄčĶŠã‹ã‚‰æ­ŧåūŒãŪ存įķšã‚’äš‹åŪŸãĻしãĶ教わãĢãĶいる。

äŧŠãŊもう少åđī期ãŦå…ĨãĢãĶいるが、姉ãŪãƒŦマã‚đがå…Ŧæ­ģ、垟ãŪポマãƒŦが六æ­ģãŪåđžå…æœŸã‹ã‚‰ïžˆå…­åđī間æŊŽåđīãŪようãŦã‚Ŋナã‚đマã‚đがčŋ‘ãĨくãĻäšĪ霊侚ãŦ招かれãĶ、シãƒŦバマバマチãĻおčĐąã‚’ã—ãĶいる。åū“ãĢãĶシãƒŦバマバマチãĻãŊãūるでåŪķ族ãŪようおčĶŠã—い間柄ãĻおãĢãĶいる。

 䚌䚚が凚åļ­ã™ã‚‹ãĻきãŊåĪ§ãĶいåđūãĪかãŪčģŠå•ã‚’į”Ļ意しãĶいるが、そãŪčģŠå•å†…åŪđãŊ〝子äū›ã‚‰ã—さ〟あるいãŊ〝少åđīらしさ〟を尊重しãĶäļĄčĶŠã‚’ãŊじめãĻしãĶã‚ĩマã‚ŊãƒŦãŪåĪ§äššãŪãƒĄãƒģバマãŪčŠ°ã‹ã‚‰ã‚‚åđēæļ‰ã•ã‚ŒãĶいおい。äšĪ霊䞚そãŪもãŪも、åĪ§äššãŪãƒĄãƒģバマãŊ凚åļ­ã™ã‚‹ã“ãĻãŊčĻąã•ã‚ŒãĶもåĢ凚しãŊčĻąã•ã‚ŒãŠã„。čĻ€ã‚ã°ã€å­äū›ãŪį‚šãŪäšĪ霊䞚〟おãŪである。

čĻģ者æģĻ───åĢ凚しãŊčĻąã•ã‚ŒãŠã„ãĻčĻ€ãĢãĶも、åĪ§äššãŦãĻãĢãĶもåĪ§åˆ‡ãŠå•éĄŒãŦおるãĻčĢœčķģįš„おčģŠå•ã‚’しãĶいる。おおこãŪãƒŦマã‚đãĻポマãƒŦãŪåđžå°‘時äŧĢãŪäšĪ霊侚ãŪ様子ãŊæ—ĨæœŽčŠžį‰ˆã‚·ãƒŠãƒžã‚šįŽŽäš”å·ŧで「䚌䚚ãŪåđžå…ãĻčŠžã‚‹ã€ãĻéĄŒã—ãĶįīđäŧ‹ã•ã‚ŒãĶいる。

それから六åđīたãĢãĶいる。原æ›ļでãŊ朎įŦ ãŊ冒頭ãŦ子äū›æ™‚äŧĢãŪåŪ—教教č‚ēãŪåĪ§åˆ‡ã•ãŦãĪいãĶãŪシãƒŦバマバマチãŪ讛čĐąãŒčž‰ãĢãĶいるが、これãŊįŽŽå››å·ŧで「åŪ—æ•™ãŪ朎čģŠãĻ子äū›ãŪåŪ—教教č‚ēãŪありæ–đ」ãĻéĄŒã—ãĶįīđäŧ‹ã•ã‚ŒãĶいるãŪで朎įŦ ã§ãŊã‚Ŧットした

ã€€å―“æ—ĨãŪäšĪ霊侚ãŪ様子ãŦãĪいãĶãŊįˆķčĶŠãŪミãƒĐマ氏ãŪčĻ˜äš‹ãŒã‚ã‚‹ãŪで、それをそãŪãūãūįīđäŧ‹ã™ã‚‹ãŪがäļ€ã°ã‚“č‰ŊいようãŦæ€ã‚ã‚Œã‚‹ã€‚æŽĄãŒããŪå…Ļ文である。

          â€ŧ         â€ŧ         â€ŧ                   

 ハãƒģネãƒģãƒŧã‚đãƒŊッハマäšĪ霊侚ãŪæ”Ŋ配霊であるシãƒŦバマバマチãŪそばãŦ乌乹ãŪ子äū›ãŒįŦ‹ãĢãĶいた。そしãĶ䚌䚚がäŧĢわるがわるã‚Ŋナã‚đマã‚đã‚ŋã‚Īム十䚌月䚌十四æ—Ĩï―ž äļ€æœˆå…­æ—ĨãŪしばしãŪåˆĨれãŪæŒĻæ‹ķをするãĻ、シãƒŦバマバマチãŊãūず姉ãŪãƒŦマã‚đãŦ、

 「äļŠå“ã•ãĻたくãūしさ、愛ãĻåĄæ™šã‚’čšŦãŦãĪけるようãŦね」ãĻčĻ€ã„、įķšã„ãĶポマãƒŦãŦ

 「たくãūしくおりおさい。そしãĶč‡Šåˆ†ãŪ背åūŒãŦãŊ霊ãŪ力が控えãĶいるãŪだãĻいうįĒšäŋĄã‚’åŋ˜ã‚ŒãŠã„ようãŦね」ãĻčĻ€ã„、 最åūŒãŦ乌乹ãŦ、

 「į§ãŊいãĪでもį§ãŪ存åœĻãŪすãđãĶをかけ、愛ãŪåŋƒãĻ霊ãŪ力をå‚ūけãĶお䚌䚚ãŪためãŦå°―ãã—ãūすよ」ãĻčŋ°ãđた。

 įĒšã‹ãŦそうčŋ°ãđたãŪであるが、こうしãĶæīŧ字ãŦしãĶしãūうãĻ、䚌䚚ãŪ子äū›ãŒčģŠå•ã—ã‚·ãƒŦバマバマチがį­”えるãĻいうå―Ēで、åđīäļ€å›žã€å…­åđī間もįķšã‘られãĶきたäļ‰äššãŪ間ãŪ情愛ãŪæļĐかさãŊ、そãŪį‰‡éą—すら䞝えられおい。äļ€æ™‚é–“ãĻ䚌十分、䚌䚚ãŊįœŸå‰ĢそãŪもãŪでčģŠå•ã—č‡Šåˆ†ãŪ意čĶ‹ã‚’čŋ°ãđた。č‹ĨいãĻãŊいえ、ãŊやã‚đピナチãƒĨã‚Ēナ゚ムãŪįœŸį†ãŒäšŒäššãŪį”ŸæīŧãŪäļ€éƒĻãĻおり切ãĢãĶいるようだ。

 䚌䚚ãŊčģŠå•ã™ãđãå•éĄŒã‚’äšŒäššã ã‘ã§čĐąã—åˆãĢãĶæąšã‚ã€åĪ§äššãŪã‚ĩã‚žã‚đチョãƒģ提čĻ€ãƒŧåŠĐčĻ€ïž‰ã‚’äļ€åˆ‡ã“ãĻわãĢた。そãŪ問į­”が始ãūãĢた。


 〇〝æ­ŧãŦæ–đ〟ãŊæ­ŧåūŒãŦãĐã†å―ąéŸŋするか

ãƒŦマã‚đ 「䚚間がæ­ŧぎãĻきãŪæ­ŧãŦæ–đãĻいうãŪが霊į•Œãļ行ãĢãĶã‹ã‚‰å―ąéŸŋするãŪかãĐうかがįŸĨりたいãŪです。ãĪãūã‚Šč‡Šį„ķおæ­ŧãŦæ–đãŪæ–đが霊į•ŒãļčĄŒãã‚„ã™ã„ãŪかãĻいうこãĻです」

ï―žïū™ïūŠïūžï―°ïūŠïūžï―°ïū ã€Œã‚‚ãĄã‚ã‚“ã§ã™ã€‚åĪ§ããŠé•ã„がありãūす。もしも地äļŠãŪãŋんおがæ­ĢしいįŸĨč­˜ã‚’æŒãĄč‡Šį„ķおį”Ÿãæ–đをすれば───もしもですよ───そうすればæ­ŧãŦæ–đがあãĢさりãĻしãĶ、少しもč‹Ķį—›ã‚’äžīわおくおりãūす。そしãĶ又、æ­ŧåūŒãŪ霊ãŪčšŦä―“ã‚’čŠŋįŊ€ã™ã‚‹åŋ…čĶã‚‚おいでしょう。ãĻころがæŪ‹åŋĩおこãĻãŦ、åŪŸéš›ãŊそんおãŦうãūい具合ãŦ行ãĢãĶおりãūせん。

 地äļŠã‚’åŽŧãĢãĶ霊į•ŒãļæĨã‚‹äššãŪãŧãĻんãĐãŒč‡Šåˆ†ãŒã“ã‚Œã‹ã‚‰ãĐうおるãŪã‹ã€č‡Šåˆ†ãĻいうãŪãŊいãĢたいãĐãŪようãŦ凚æĨäļŠãŒãĢãĶいるãŪか、霊įš„おåŪŸåœĻãĻãŊãĐんおもãŪおãŪかãŦãĪいãĶ恐ろしいãŧãĐį„ĄįŸĨおãŪです。そãŪäļŠã€åœ°äļŠã§ååˆ†ãŠæˆé•·ã‚’ã—ãŠã„ã†ãĄãŦã“ãĄã‚‰ãļæĨる䚚がそれãŊそれãŊåĪšã„ãŪです。

そういう䚚ãŊ、į§ãŒãŸãģたãģčĻ€ãĢãĶおりãūすようãŦ、į†Ÿã•ãŠã„ã†ãĄãŦもぎ取られた果åŪŸãŪようおもãŪです。ãƒŦマã‚đãĄã‚ƒã‚“ã‚‚įŸĨãĢãĶいるようãŦ、そんお果į‰ĐãŊおいしくありãūせんね。

 果åŪŸãŊį†Ÿã›ã°č‡Šį„ķãŦč―ãĄã‚‹ã‚‚ãŪおãŪです。霊が十分ãŦ成長するãĻ臩į„ķãŦč‚‰ä―“ã‹ã‚‰é›ĒれるãŪです。äŧŠį§ãŪäļ–į•Œãļ、æļ‹ã„くだもãŪやé…ļãĢãąã„ãã ã‚‚ãŪがįķšã€…ãĻやãĢãĶきãĶおりãūす。

そãŪãŸã‚ã€ãã†ã„ã†äššãŸãĄã‚’ã“ãĄã‚‰ã§éĒ倒をčĶ‹ãŸã‚Šã€į›ĢčĶ–ã—ãŸã‚Šã€æ‰‹å―“ãĶをしたり、įœ‹č­·ã‚’したりしãĶ、霊į•ŒãŦéĐåŋœã•ã›ãĶあげおいãĻいけおいãŪです。ãŋã‚“ãŠãŒãĄã‚ƒã‚“ãĻしたįŸĨč­˜ã‚’æŒãĢãĶくれれば、į§ãŪようãŦ地äļŠãŪ乹間ãŪéĒ倒をčĶ‹ãĶã„ã‚‹č€…ãŊãĻãĶも手間がãŊãķけãĶ有é›ĢいãŪですけãĐね。

ãƒŦマã‚đãĄã‚ƒã‚“ãŪčĻ€ã†é€šã‚Šã€æ­ŧãŦæ–đãŦよãĢãĶåĪ§åĪ‰ãŠé•ã„がį”Ÿã˜ãūす。äŧĨäļŠãŪようおį­”えでいいですか」

ãƒŦマ゚ 「ええ、ãĻãĶもよく分かりãūした」

čĻģ者æģĻ── ãƒŦマã‚đが〝æ­ŧãŦæ–đ〟ãĻčĻ€ãĢたãĻきたãķã‚“č‡Šį„ķæ­ŧでおいæ­ŧãŦæ–đã€ã™ãŠã‚ãĄäš‹æ•…æ­ŧ、į—…æ­ŧ、æˆĶæ­ŧã€č‡ŠæŪšãĻいãĢたもãŪがåŋĩé ­ãŦあãĢたãŊずで、シãƒŦバマバマチもäļ€åŋœããŪこãĻをåŋĩé ­ãŦį―ŪいãĶいたこãĻãŊ〝霊ãŪčšŦä―“ã‚’čŠŋįŊ€ã™ã‚‹åŋ…čĶã‚‚おいでしょう〟ãĻいうčĻ€č‘‰ã‹ã‚‰įŠšã‚ã‚Œã‚‹ãŒã€ã‚‚ã†å°‘ã—å…·ä―“įš„おこãĻをčŋ°ãđãĶãŧしいãĻころである。

そこで、最čŋ‘å…Ĩ手したã‚đã‚ŦãƒŦã‚―ãƒžãƒ—ãĻいう䚚ãŪã„ã‚ã‚†ã‚‹ã€ä―“åĪ–遊é›Ēä―“éĻ“〟ãŪæ›ļį‰Đから霊į•ŒãŪį—…é™ĒをčĻŠã‚ŒãŸæ™‚ãŪæĻĄæ§˜ã‚’įīđäŧ‹ã—ãĶおく。

 ≊霊į•ŒãŪåĶŧãĻãŪé–Ēäŋ‚ãĻ思われるが、į§ãŊåĶŧãŪå‹Īめる霊į•ŒãŪį—…é™Ēãļたãģたãģé€ĢれãĶčĄŒã‹ã‚Œã‚‹ã€‚į—…é™ĒãĻいãĢãĶも地äļŠã‹ã‚‰éœŠį•Œå…ĨりしたばかりãŪäššã‚’äŧ‹æŠąã™ã‚‹æ–―čĻ­ã§ã‚る。

 あるãĻきそãŪæ–―čĻ­ã‚’åĶŧãŪæĄˆå†…ã§čĶ‹å­ĶしたãŪであるが、そこãŊč‹ĨいåĨģ性ばかりãŪæ‚Ģč€…ã‚’äŧ‹æŠąã™ã‚‹æ–―čĻ­ã ãĢた。そこãŪéĢŸå ‚ãļ行ãĢãĶãŋるãĻãĄã‚‡ã†ãĐéĢŸäš‹äļ­ã§ã€į§ã‚‚åĶ™ãŠéĢŸæŽēをčĶšãˆãŸã€‚テマブãƒŦãŪ間を通り抜けおがらæ‚Ģ者ãŪりマãƒĐãĻã‚ģãƒģã‚ŋã‚ŊトしãĶãŋたが、æ­ŧ因ãĻおãĢた䚋故ãŪショッã‚Ŋや恐怖、į—…嚊でãŪč‹ĶしãŋやäļåŪ‰ãŪåŋĩがæ đ垷くæŪ‹ãĢãĶいた。

 äļ­ãŦãŊ地äļŠãŪį—…é™ĒでãŪæķˆæŊ’æķēãŪč‡­ã„ãŒæž‚ãĢãĶã„ã‚‹č€…ã‚‚ã„ãŸã€‚äš‹æ•…æ­ŧã—ãŸč€…ãŪč…•ã‚„éĶ–ã‚„éĄ”ãŦå‚·å―“ãĶãŪįĩ†å‰ĩ膏ãŪč·ĄãŒã†ãĢすらãĻæŪ‹ãĢãĶいる䚚もいた。įēūįĨžãŦį„žããĪいた映像がãūだæķˆãˆãĶいおいãŪである。

 しかしホマãƒŦå…Ļä―“ãŦįĐã‚„ã‹ãŠé›°å›ē気が枂ãĢãĶいãĶ、äļ€äššãĻしãĶį—…äššč‡­ã•ãŊčĶ‹ã›ãĶいおい。これãŊéŦ˜įīšį•Œã‹ã‚‰é–“断おく送られãĶくるį”Ÿå‘―力ãŪせいで、こうしたį‰đæŪŠãŠæ‚Ģ者ãŦãŊそれがåŋ…čĶãŠãŪであるâ‰Ŧ

   
 〇〝霊įš„ïžˆï――ïū‹ïūŸïū˜ïūï―­ï―ąïū™ïž‰ã€ŸãĻ〝åŋƒéœŠįš„ï―ŧï―ēï―·ï―Ŋï―ļ〟ãŪ違い

ポマãƒŦ「ã‚Īãƒģデã‚Ģã‚ĒãƒģãŦãŊ儀垏ãŪようおもãŪをしãĶ、é›Ļを降らせるこãĻが凚æĨる䚚がいãūしたが、それãŦãŊ霊į•ŒãŪ䚚がãĐãŪようãŦé–Ēäŋ‚しãĶいるãŪã§ã™ã‹ã€‚ä―•ã‹é–Ēäŋ‚があるãŪですか」

 シ「é–Ēäŋ‚ありãūせん。åŋƒéœŠįš„æģ•å‰‡ãĻ霊įš„æģ•å‰‡ãĻãŊ少し違うãŪです。ãūãĢたく同じでãŊおいãŪです。ãĐãĄã‚‰ãŦでもčĻ€ã„かえるこãĻが凚æĨるãĻ思ãĢãĶいる䚚がいãūすが、同じもãŪでãŊありãūせん。

 さãĶ、かãĪãĶã‚Īãƒģデã‚Ģã‚ĒãƒģãĻいう民族ãŊ地äļŠãŪį‰Đįš„įū蹥ãŦé–Ēäŋ‚したåŋƒéœŠįš„æģ•å‰‡ãŦãĪいãĶč‰ŊくįŸĨãĢãĶおりãūした。įī”įē‹ãŦį‰Đįš„おįūčąĄã§ã™ã€‚ãã—ãĶã€č…•ãŪいいį†Ÿį·īしたãūじおいåļŦãŊ、儀垏ãŦよãĢãĶそãŪåŋƒéœŠįš„čĶįī ã‚’垕きåŊ„ã›ã‚‹čƒ―力を具えãĶいたãŪです。

 åŪŸãŊこれãŊį°Ąå˜ãŦčŠŽæ˜Žã™ã‚‹ãŪがé›ĢしいčģŠå•ãŠãŪです。ãĻãŦかく霊į•ŒãĻãŊä―•ãŪãĪおがりもおいãŪです。地äļŠãŪį‰Đįš„おįū蹥ãĻé–Ēäŋ‚したåŋƒéœŠįš„æģ•å‰‡ãĻãŪãĪおがりæ–đがåĪ§ãã„ãŪã§ã™ã€‚ã“ã‚“ãŠčŠŽæ˜Žã§ãŊポマãƒŦ君ãŦãŊよく分からおいでしょうね」

ポマãƒŦ「いえ。分かりãūす。ただ、åŋƒéœŠįš„æģ•å‰‡ãĻいうãŪãŊãĐんおもãŪですか」

 シ「やãĢãąã‚Šãã“ãūでčĐąã•ãŠã„ãĻいけãūせんかね」

 ここで、äšĪ霊侚ãŪįĩ‚わりがčŋ‘ãĨくãūでãŊåĪ§äššãŊåĢ凚しをしãĶãŊいけおいãĻいうãƒŦマãƒŦをį īãĢãĶãƒĄãƒģバマãŪäļ€äššãŒã€Œãã‚ŒãŊã‚ĩã‚Īã‚ģãƒĄãƒˆãƒŠãŪようおもãŪでしょうか。あれãŊåŋ…ずしも霊įš„æģ•å‰‡ãĻãŊé–Ēäŋ‚おいãĻ思うãŪですがï―Ĩï―Ĩï―Ĩ」

 シ「äū‹ãŠã‚‰ã°ã„くらでもあげられるãŪですが、こãŪ乌乹ãŪ子äū›ãŦã„ãĄã°ã‚“ã‚ˆãį†č§ĢしãĶもらえるもãŪã‚’č€ƒãˆãĶいるãĻころです。たãĻえば霊čĶ–čƒ―åŠ›č€…ãŪå ī合をäū‹ãŦ挙げãĶãŋãūしょう。霊čĶ–がきくãĻčĻ€ã‚ã‚ŒãĶいる䚚でも、霊į•ŒãŪもãŪãŊä―•ã‚‚čĶ‹ãˆãŠã„䚚がたくさんいãūす。

æ—ĨæœŽčŠžã§ãŊこれを透čĶ–čƒ―力ãĻいう───čĻģč€…ïž‰ã“ãŪå ī合ãŊåŋƒéœŠįš„ãŠčƒ―力ãŪäļ€éƒĻãŦすぎãūせん。ですからåŋƒéœŠįš„æģ•å‰‡ãŪæ”Ŋ配を受けåŋƒéœŠįš„ãŠčƒ―力でčĶ‹ã‚‹ã ã‘で、そãŪ背åūŒãŦ霊į•ŒãŪ乹間ãĻãŪãĪおがりãŊありãūせん。äŧ–į•Œã—た䚚ãŪå§ŋもčĶ‹ãˆãūã›ã‚“ã€‚č‚‰įœžãŦčĶ‹ãˆãŠã„遠くãŪ情æ™ŊをčĶ‹ã‚‹ã“ãĻãŊ凚æĨãūす。

䚈įŸĨもできãūす。朊æĨをčĶ—いたり過åŽŧãŪ凚æĨäš‹ã‚’å―“ãĶるこãĻもできãūす。ですが、そうしたこãĻが霊į•ŒãĻå…ĻくãĪおがãĢãĶいおいãŪです。į”ŸãūれおがらãŦ具わãĢãĶいるįī”įē‹ãŦåŋƒéœŠįš„ãŠčƒ―力おãŪです。これでわかりãūすか」


 䚌䚚ãŪ子äū›ãŦåĪ‰ã‚ãĢãĶæŊčĶŠãŒã€Œį§ãŊそういうこãĻがあるãĻãŊ思ãĢãĶもãŋãūせんでした。霊į•ŒãĻãŪかかわりおしãŦčĻžæ‹ ã‚’čĻ€ã„å―“ãĶたりį‰Đäš‹ã‚’čĶ‹æŠœã„たりするこãĻが凚æĨるãĻãŊįŸĨりãūせんでした」


 シ「でも、䚋åŪŸã€ãã†ãŠãŪです。こãŪ地äļŠį•ŒãŪįŊ„å›ēだけãŪåŋƒéœŠįš„čƒ―力ãĻいうãŪがあるãŪです。įūãŦåĪšããŪ䚚がそれをä―ŋį”ĻしãĶおりãūす。䚔感ãŪåŧķ長おãŪです。霊ãŪäļ–į•ŒãĻãŊä―•ãŪé–Ēäŋ‚もありãūせん。į‰Đįš„æģ•å‰‡ãĻãĪおがãĢたåŋƒéœŠįš„æģ•å‰‡ãŠã„しåŋƒéœŠįš„čĶįī ãŪįŊ„å›ē内ãŪįūčąĄã§ã™ã€‚

易占い───朎もãŪãŪå ī合ですが───あるいãŊ朎į‰ĐãŪæ°īæ™ķ占いで霊įš„お働きかけおしãŦčĶ‹ãŸã‚Ščžã„たりするこãĻが凚æĨるようãŦ、åŋƒéœŠįš„čƒ―力を駆ä―ŋできるãūじおいåļŦãŊ、あるįĻŪãŪ儀垏ãŦよãĢãĶį‰Đįš„æģ•å‰‡ãŪ背åūŒãŦある力をそãŪåŋƒéœŠčƒ―力ãĻčŠŋ和させãĶé›Ļを降らせるこãĻができたãŪです。į§ãŦã§ãã‚‹čŠŽæ˜ŽãŊこんおãĻころですがï―Ĩï―Ĩï―Ĩ」

 åˆĨãŪãƒĄãƒģバマ「åŪŸãŦよく分かりãūした。éĒį™―いテママだãĻ思いãūす。į§ã‚‚ã€ãã†ã—ãŸčƒ―力がãĐãŪįĻ‹åšĶãūでåŧķばせるãŪだろうかãĻいうこãĻãŦé–ĒåŋƒãŒã‚ã‚ŠãūしたãŪでï―Ĩï―Ĩï―Ĩï―Ĩï―Ĩï―Ĩ」

 シ「そãŪåŊčƒ―æ€§ãŊåĪ§åĪ‰ãŠã‚‚ãŪです。ã‚ĪãƒģドãŦãŊãƒĻã‚ŽãŪäŋŪčĄŒč€…ã§ã™ã”ã„ãŪがいãūす。それでも霊į•ŒãĻãŊä―•ãŪãĪおがりもありãūã›ã‚“ã€‚å―žã‚‰ãŒéœŠãŪå§ŋをčĶ‹ãŸã‚‰ã€ãŸãūげるこãĻでしょう」

 åˆĨãŪãƒĄãƒģバマ「霊をčĶ‹ãŸã‚‰ããŪåŪđå§ŋをčŋ°ãđるãŪでãŊおいかãĻ思いãūすがï―Ĩï―Ĩï―Ĩï―Ĩï―Ĩï―Ĩ」

 シ「そãŪ時ãŊすでãŦæģĒ長ãŪæŽĄå…ƒãŒé•ã„ãūす。霊劒įū蹥ãĻいうãŪãŊ霊įš„おもãŪãĻåŋƒéœŠįš„おもãŪãĻãŪįĩ„ãŋ合わせです。そãŪčžåˆä―œį”Ļで霊įš„通äŋĄãŒčĄŒã‚ã‚Œã‚‹ãŪです。霊į•ŒãĻäšĪäŋĄã™ã‚‹čƒ―力ãŊ霊劒ãŪ持ãĪåŋƒéœŠčƒ―åŠ›ã ã‘ã§čĄŒã‚ã‚Œã‚‹ãŪでãŊありãūせん。æ”Ŋ配霊おいしãŊ指導霊ãĻãŪ協力ãŦよãĢãĶčĄŒã‚ã‚Œã‚‹ãŪです」

 ポマãƒŦ「すãŋãūせん。僕ãŊ頭が悊いもãŪですからã‚ĩã‚Īキッã‚ŊãĻã‚đピナチãƒĨã‚ĒãƒŦãĻãŊãĐこが違うãŪか、ãūだよく分かりãūせん。äŧŠãūでãŊäļ€į·’だãĻ思ãĢãĶいãūした」

 シ「䞞ãĶãŊいãūすが、ãūãĢたくいãĢしょでãŊおいãŪです。åŋƒéœŠįš„čƒ―力ãŪすãđãĶが開į™šã•ã‚ŒãĶも、それがéŦ˜įīšéœŠãŪ指導を受けãĶã‚đピナチãƒĨã‚ĒãƒŦおį›Ūįš„ãŪためãŦä―ŋį”ĻされるようãŦおるãūでãŊ、それãŊ霊įš„čƒ―力ãĻãŊčĻ€ãˆãŠã„ãŪです。

ポマãƒŦ君ãŊį‰Đįš„čšŦä―“ãŪãŧかãŦ霊įš„čšŦä―“ã‚‚å…·ãˆãĶいãūす。そãŪčšŦä―“ãŦãŊį”ŸãūれãĪきあらゆるåŋƒéœŠčƒ―åŠ›ãŒæ―œåœĻしãĶいãūすが、それが開į™šã•ã‚Œã€ã—かも霊į•ŒãŪ力ãĻčžåˆã—ãŸæ™‚å§‹ã‚ãĶã‚đピナチãƒĨã‚ĒãƒŦãĻčĻ€ãˆã‚‹ã‚‚ãŪãŦおるãŪです」


 〇æ­ŧåūŒãŪį•ŒåąĪãŪ違いãŊä―•ã§æąšãūるか

 ポマãƒŦ「æ­ŧåūŒãŪäļ–į•ŒãŪノベãƒŦãŦãĪいãĶ教えãĶください。シãƒŦバマバマチさんãŊよくそãŪ違いãŦãĪいãĶčĐąã—ãĶおられãūすが、ãĐういう違いがあるãŪですか」

 シ「成長ãŪåšĶ合が違うãŪです。しかしそãŪ違いãŊ地äļŠãŪようãŦもãŪさしでčĻˆã‚Œã‚‹ã‚‚ãŪãĻãŊ違いãūす。もしį§ãŒãƒãƒžãƒŦ君ãŦ愚かお䚚ãĻčģĒい䚚、あるいãŊæŽēåžĩりãĻ聖乹ãĻãŪ違いをåŊļæģ•ã§čĻˆã‚ŠãŠã•ã„ãĻčĻ€ãĢãĶも、そんおこãĻãŊできãūせんね

 しかし、それぞれãŪį•ŒãŦä―ã‚€éœŠãŪ成長ãŦãŊåĪ§ããŠå·ŪがあるãŪã§ã™ã€‚ã“ãĄã‚‰ã§ãŊ魂ãŪ成長ãŦåŋœã˜ãŸį•Œã€ãĪãūりそãŪäššãŪįŸĨ性ãĻ道åūģ性ãĻ霊性ãŪįĻ‹åšĶãŦãĄã‚‡ã†ãĐよくčŠŋ和するį•ŒãŦä―ã‚€ã‚ˆã†ãŦおりãūす。

į•ŒãŪ違いãŊそこãŦä―ã‚€äššãŪ魂ãŪįĻ‹åšĶãŪ違いだけで、霊性がéŦ˜ã‘ればéŦ˜ã„ãŧãĐ、善性が垷ければ垷いãŧãĐ、čĶŠåˆ‡åŋƒãŒåĪšã‘ればåĪšã„ãŧãĐã€æ…ˆæ„›ãŒæ·ąã‘ã‚Œã°æ·ąã„ãŧãĐ、åˆĐå·ąåŋƒãŒå°‘おければ少おいãŧãĐ、それだけéŦ˜ã„ノベãƒŦãŪį•ŒãŦä―ã‚€ã“ãĻãŦおりãūす。

 地äļŠãŊそãŪį‚đが違いãūす。į‰ĐčģŠį•ŒãĻいう同じノベãƒŦでį”ŸæīŧしãĶいるからãĻいãĢãĶ、ãŋんおįēūįĨžįš„ãŦ、あるいãŊ霊įš„ãŦ、同じノベãƒŦãŪäššãŸãĄã°ã‹ã‚ŠãĻãŊかぎりãūせん。čšŦä―“ãŊ同じノベãƒŦãŪもãŪで凚æĨãĶいãūすが、そãŪčšŦä―“ãĪãūりį‰ĐčģŠã§ã§ããŸč‚‰ä―“がį„ĄããŠã‚Œã°ã€é­‚ãŪノベãƒŦãŦ䞞合ãĢたノベãƒŦãŪį•ŒãļčĄŒãã“ãĻãŦおりãūす」


 ポマãƒŦ「ãŊい、よく分かりãūã—ãŸã€‚ã‚‚ã†å°‘ã—čžããŸã„ã“ãĻがありãūす。こãŪ地įƒãŊそういうį•ŒãŪäļ€ãĪですか。それãĻもį‰đåˆĨおもãŪですか」
p131
 シ「いいえ、地äļŠäļ–į•Œã‚‚霊įš„おäļ–į•ŒãŪäļ€éƒĻです。おぜかãĻいうãĻ、霊ãŪä―ã‚€äļ–į•ŒãŊå…ĻéƒĻが重おり合ãĢãĶいるからです。åŪ‡åŪ™ãŦ存åœĻするį”ŸæīŧãŪå īãŪすãđãĶが䚒いãŦé‡ãŠã‚Šåˆã„čžåˆã—åˆãĢãĶおり、霊į•ŒãĻかåđ―į•ŒãĻかį‰ĐčģŠį•ŒãĻいうãŪãŊäļ€ãĪãŪåŪ‡åŪ™į”ŸæīŧãŪ違ãĢたåīéĒをそう呞んでいるだけです。ポマãƒŦ君ãŊäŧŠį‰ĐčģŠį•ŒãŦいãūすが、同時ãŦåđ―į•ŒãŦもãĪおがãĢãĶいるãŪです」


 〇įŸĨ識ãŦãŊčēŽäŧŧがäžīう
 
ãƒŦマã‚đ 「あたしãŊ こãŪäšĪ霊䞚でãŪčģŠå•ãŪ暖備をしãĶいる時ãŦ シãƒŦバマバマチさんãŊã‚ãŸã—ãŸãĄã‚ˆã‚ŠãŊるかãŦåĪšããŪこãĻã‚’â”€â”€â”€ã‚ãŸã—ãŸãĄãŒåĪĒãŦも思わおいようおこãĻをįŸĨãĢãĶいるãŪã ã‹ã‚‰ã€ã‚ãŸã—ãŸãĄãŪæ–đからčģŠå•ã—おくãĶã‚‚ãĄã‚ƒã‚“ãĻおčĐąã—ãĶくださるだろうãĻ思ãĢたりしãūした」

 シ 「ええ、おčĐąã—ãūã™ã‚ˆã€‚ã§ã‚‚ã€ã ã‹ã‚‰ä―•ãŪčģŠå•ã‚‚しおくãĶいいãĻいうこãĻãŦおるãŪですか」

 ãƒŦマã‚đ 「おりãūせん。あたしがįŸĨりたいãŪãŊ、子äū›ãŪころからã‚đピナチãƒĨã‚Ēナã‚đトãĻしãĶč‚ēãĶられãĶã€ã‚ãŸã—ãŸãĄäšŒäššãŊåū—をしãĶいるかãĐうかãĻいうこãĻです」

ã€€ã‚·ã€Œč‡Šåˆ†ã§ãŊãĐう思ãĢãĶいãūすか」

 ãƒŦマã‚đ 「わかりãūせん。だãĢãĶあたしãŊ霊ãŪäļ–į•ŒãŦä―ã‚“ã§ãŠã„ã§ã—ã‚‡ïžŸã ã‹ã‚‰ã€ãĐんおåū—ã‚’ã™ã‚‹ã‹ã€č‡Šåˆ†ã§ãŊわかりãūせん」

 æŊčĶŠ 「こãŪ子ãŊã‚đピナチãƒĨã‚Ēナ゚ムをįŸĨらおいį”ŸæīŧãĻいうãŪã‚’ä―“éĻ“しãĶいおいもãŪですから、æŊ”čžƒãŒå‡šæĨおいãŪです。そãŪį‚đシãƒŦバマバマチさんãŊäļĄæ–đごčĶ§ãŦおれãūす」

 シ 「į§ãŊį›Ūを閉じãĶいãĶもčĶ‹ã‚‹ã“ãĻができãūす。į§ãŒã€č‡Šåˆ†ã§ãŊãĐう思ãĢãĶãūすか〟ãĻčžã„ãŸãŪãŊ、ãƒŦマã‚đãĄã‚ƒã‚“ãŪãŠå‹ã ãĄãŦãŊæ­ŧんでからãŪこãĻをįŸĨã‚‰ãŠã„äššãŒãŸãã•ã‚“ã„ã‚‹ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚ãã†ã„ã†ãŠå‹ã ãĄãŊãƒŦマã‚đãĄã‚ƒã‚“ãĻæŊ”ãđãĶåū—だãĻ思いãūすか損だãĻ思いãūすか」

 ãƒŦマã‚đ 「霊ãŪäļ–į•ŒãļčĄŒãæ™‚ãŦä―•ãŪ暖備も凚æĨãĶいおいãĻいうį‚đでãŊ損だãĻ思いãūす。そãŪįŸĨč­˜ã‚‚ä―“éĻ“もおいからです。でも、それäŧĨåĪ–ãŪこãĻãŊよく分かりãūせん。すãŋãūせん」

 ポマãƒŦ「äŧŠãƒŦマã‚đが最初ãŦčĻ€ãĢたこãĻãŊそãŪ通りだãĻ思いãūす。でも、それäŧĨåĪ–ãŪこãĻでãŊ損もåū—もおいãĻ思いãūす、æ­ŧねばãĐうおるãŪかが分ãĢãĶいるãŪãŊåū—だけãĐ、それäŧĨåĪ–でãŊåˆĨãŦåĪ‰ã‚ã‚ŠãŊおいãĻ思いãūす」

 シ「į­”えãŊį°Ąå˜ãŠãŪですよ。įŸĨ識ãŊすãđãĶåū—ãŦおるãĻいうこãĻです。ãĻころが、æŪ‹åŋĩおこãĻãŦ、そうãĻばかりもčĻ€ãˆãŠã„䚋態がį”Ÿã˜ã‚‹ãŪです。įŸĨ識ãŊįĒšã‹ãŦ喜ãģãĻåđļせãĻč―æ›ļきをもたらしãĶくれãūすが、äŧŠåšĶãŊそれをãĐうį”Ÿã‹ã™ã‹ãĻいうčēŽäŧŧももたらすãŪです。įŸĨ識ãŊ、į„ĄįŸĨからį”Ÿã˜ã‚‹æ„šã‹ãŠåŋƒé…ã‚’取りé™ĪいãĶくれãūす。

įŸĨ識ãŊč‡Šåˆ†ãĻãŊä―•ã‹ã‚’č‡ŠčĶšã•ã›ã€ã“れからãĐうすãđきかを教えãĶくれãūす。そしãĶ、įœŸį†ã‚’įŸĨらずãŦいる䚚をčĶ‹ãĶ気ãŪæŊ’だãĻ思うようãŦおりãūす。įœŸį†ã‚’įŸĨらおかãĢたためãŦį―Šã‚’įŠŊす䚚ãŊå‹ŋčŦ–それおりãŪ償いをさせられãūすが、įœŸį†ã‚’įŸĨãĢãĶいおがらį―Šã‚’įŠŊす䚚ãŊ、もãĢãĻåĪ§ããŠå„Ÿã„をさせられãūす。

よりåĪšãã‚’įŸĨãĢãĶいるãĻいうこãĻがį―Šã‚’åĪ§ããã™ã‚‹ãŪです。ポマãƒŦ君ãŊįœŸį†ã‚’įŸĨãĢãĶいるだけåū—です。しかし、これからãĐã†ã„ã†čĄŒã„ã‚’ã™ã‚‹ã‹ãŒå•éĄŒã§ã™ã€


 〇魂ãŪ成長ãŦãŊčĐĶį·īãĻįĩŒéĻ“がåĪ§åˆ‡
 
ã€€ãƒĄãƒģバマãŪäļ€äššã€Œãã‚Œã ã‘ãŊあおたもãĐうしようもおいこãĻおãŪですね」

 シ「į§ãŒããŪ摂į†ã‚’åĪ‰ãˆã‚‹ã‚ã‘ãŦãŊいかおいãŪです。į§ãŊただ摂į†ãŊこうおãĢãĶãūすよãĻお教えするだけです。これãūでį§ãŊä―•åšĶかįš†ã•ã‚“が困ãĢた䚋態ãŦé™ĨãĢãĶいるãŪをčĶ‹ãĶ、そãŪé‹å‘―ã‚’ä―•ãĻかč‚ĐäŧĢりしãĶあげたい、降りかかる䚚į”ŸãŪ雩ãĻé›ĻãĻåŊ’さからåŪˆãĢãĶあげたいãĻ思ãĢたこãĻがありãūす。しかし、それãŊčĻąã•ã‚ŒãŠã„こãĻおãŪです。

おぜおら、そうした䚚į”ŸãŪé…·ã—ã„ä―“éĻ“をさせãĶいる同じ力が、䚚į”ŸãŦ光ãĻæļĐもりをもたらしãĶくれるからです。äļ€æ–đおくしãĶäŧ–æ–đãŊ存åœĻしおいãŪです。čĐĶį·īãĻä―“éĻ“を通しãĶこそ霊ãŊ成長するãŪです」


 ãƒŦマã‚đ「シãƒŦバマバマチさんãŦもそれがčĻąã•ã‚ŒãŠã„ãŪãŊいいこãĻだãĻ思いãūす。困ãĢたこãĻがあるたãģãŦシãƒŦバマバマチさんがåŠĐけãĶくれたら、いãĪã‚‚čŠ°ã‹ãŦ頞らおいãĻいけおい䚚間ãŦおãĢãĶしãūうからです」

 ポマãƒŦ「䚚į”ŸãŪį›Ūįš„がおくおãĢãĶしãūいãūす」

 シ「そうです。でもね、į§ãŦãĻãĢãĶ、それãŊčū›ã„こãĻおãŪですよ。そãŪã†ãĄãŠäšŒäššã‚‚ã€æœŽå―“ãŪ意å‘ģで〝愛する〟ãĻいうこãĻがãĐういうこãĻおãŪか、愛する䚚がč‹ĶしんでいるãŪãŦä―•ã‚‚ã—ãĶあげられおいãĻいうこãĻがãĐんおいčū›ã„こãĻかが分かるæ—ĨがæĨãūす。

そこで、先ãŧãĐčŋ°ãđたこãĻãŦもうäļ€ãĪäŧ˜ã‘加えたいこãĻがありãūす。これãŊãƒŦマã‚đãĄã‚ƒã‚“ã€ã‚ãŠãŸãŦãŠčžã‹ã›ã—ãŸã„ã“ãĻです。ã‚đピナチãƒĨã‚Ēナ゚ムをįŸĨãĢたこãĻãŦよãĢãĶį”Ÿã˜ã‚‹ïž‰äļ€ã°ã‚“åĪ§ããŠé•ã„ãŊã€č‡Šåˆ†ãŒäļ€äššãžãĢãĄã§ã„ã‚‹ã“ãĻがįĩķåŊūãŦおいãĻいうこãĻをįŸĨãĢたこãĻです。

いãĪãĐこãŦいãĶも霊ãŪäļ–į•Œã‹ã‚‰ãŪ愛ãĻ友情ãĻčĶŠæ„›ãŪåŋĩを受けãĶいるãĻいうこãĻã§ã™ã€‚æœ€å–„ã‚’å°―ãã—ãĶいるãĻきãŦãŊåŋ…ず霊į•Œã‹ã‚‰å°ŽããŪ力が加わãĢãĶいるこãĻ、あおたãŪ持ãĢãĶいるもãŪから最善ãŪもãŪを垕き凚し、あおたãŪäššį”Ÿã‹ã‚‰æœ€å–„ãŪもãŪをå­Ķãģ取ãĢãĶくれるようãŦãĻ饘ãĢãĶいる、友愛ãĻčĶŠåˆ‡åŋƒãĻ協力įēūįĨžãŦæš€ãĄãŸéœŠãŪ存åœĻがãūわりãŦいãĶくれãĶいるãĻいうこãĻです。

こãŪこãĻがã‚đピナチãƒĨã‚Ēナ゚ムがもたらしãĶくれるäļ€ã°ã‚“有é›ĢいこãĻです。こãŪこãĻをįŸĨãĢただけãƒŦマã‚đãĄã‚ƒã‚“ãŊ、それをįŸĨらおい䚚よりåđļせだãĻいうこãĻãŦおりãūす」


  〇į”·æ€§ãŪå―đå‰ēãĻåĨģ性ãŪå―đå‰ē

 ポマãƒŦ「これãūでãŪ乹類ãŊずãĢãĻį”·æ€§ãŒåĨģ性をæ”Ŋ配しãĶきたようãŦ思えるãŪですが、おぜですか。原因ãŊä―•ã§ã™ã‹ã€

 シ「原因ãŊåĨģ性があãūりãŦį‰ĐごãĻをįŸĨらおすぎたからです」

 ポマãƒŦ「それをæ”đめるこãĻができるでしょうか」

 シ「æ”đめるåŋ…čĶãŊありãūせん。これãūでもåŪŸéš›ãŊåĨģ性ãŪæ–đがį”·æ€§ã‚’ナマドしãĶきãĶいるからです」

ã€€ãƒĄãƒģバマãŪäļ€äššã€Œã‚おたãŊこれãūでそういう捉えæ–đãŊおさらおかãĢたようãŦ思いãūすがï―Ĩï―Ĩï―Ĩï―Ĩ」

 シ「ええ。でも、これãŦãŊそれおりãŪæ đ拠があるãŪです。į”·æ€§ãŒį‹ĐりãŦ凚ãĶいた時äŧĢãŪ名æŪ‹ã‚Šã§ã™ã€‚ãĪãūりį”·æ€§ãŒåŪķåą‹ã‚’åŧšãĶ、éĢŸæ–™ã‚’取りãŦ凚かけねばおらおい時äŧĢãŦおいãĶãŊį”·æ€§ãŒįĩķåŊūįš„おæ”Ŋé…åŠ›ã‚’æŒãĄã€ãŠč…đをįĐšã‹ã—ãĶį–ēれたからだでåļ°ãĢãĶきた時ãŦåĨģ性が儊しくčŋŽãˆãĶäŧ‹æŠąã—、éĢŸäš‹ã‚’į”Ļ意しãĶあげãĶいãūした。

į”·æ€§ãŒčĄŒå‹•įš„でåĨģ性が受動įš„だãĢたためãŦã€ä―•ã‹ãŦãĪけãĶį”·æ€§ãŦ有åˆĐおįŋ’æ…Ģが凚æĨãĶいきãūした。しかし、äŧŠãã‚ŒãŒåĪ‰åŒ–し始め、ãĐãĄã‚‰ãŒäļŠã§ã‚‚ãĐãĄã‚‰ãŒäļ‹ã§ã‚‚おい、お䚒いがčĢœã„合うようãŦおãĢãĶいるãĻã„ã†čŠč­˜ãŒčĄŒãäš˜ã‚ŠãĪãĪありãūす」

 ポマãƒŦ「č‰Ŋく分かりãūした。有é›Ģうございãūした」


 〇愛ãŊ霊ãŦãĻãĢãĶé…ļįī ãŪようおもãŪ

 シ「お䚌䚚ãĻãŊずいãķんæ°ļいおäŧ˜ãåˆã„ですね。䚌朎ãŪå°ã•ãŠč‹—æœĻがãūãĢすぐãŦč‚ēãĢãĶいく様子をčĶ‹ãĶãūいりãūした。そしãĶ、お䚌䚚がįĩķえ間おくåĒ—えãĶいくįŸĨ識ãĻį†č§Ģ力ãŪäļ­ã§į”ŸããĶおられるãŪをčĶ‹ãĶうれしく思ãĢãĶおりãūす。
   
ãūだãūだįŸĨらねばおらおいこãĻがたくさんありãūす。でも、少おくãĻもお䚌䚚ãŊ霊įš„おįœŸį†ãŦåŪˆã‚‰ã‚ŒãĶ地äļŠį”ŸæīŧãŦįŦ‹ãĄå‘かãĢãĶおり、そãŪį›Ūįš„ã‚’į†č§Ģã—ã€ä―•ã‚’ã—ãĶいãĶã‚‚čŠ æ„ã•ãˆã‚ã‚Œã°æąšã—ãĶæŒŦけるこãĻãŊおいこãĻをįŸĨãĢãĶおられãūす。į§ãŊいãĪもčšŦčŋ‘ãŦいãĶ、į§ãŦできるかぎりãŪæīåŠĐをいたしãūしょう。

 äŧŠæ—ĨãŊãƒŦマã‚đãĄã‚ƒã‚“ãĻポマãƒŦ君ãŪ䚌䚚がæĨãĶくれãĶ、į§ãŊãŧんãĻãŦうれしく思ãĢãĶおりãūす。į§ãŒã„ãĪもčšŦčŋ‘ãŦいるこãĻをįŸĨãĢãĶいただくいいæП侚ãŦおるからです。į§ãŊæąšã—ãĶ遠くãŦいるãŪでãŊありãūせん。お䚌䚚がおåŪķãŦいる時も、å­Ķæ ĄãŦいる時も、遊んでいるãĻきも、すぐそばãŦいるこãĻがありãūす。おかしくãĶįŽ‘い凚すようお光æ™ŊをčĶ‹ã‚‹ã“ãĻもありãūす。

ですが、地äļŠį”Ÿæīŧからå­Ķãģ取るこãĻもたくさんありãūす。į§ãŊãūだãūだå­ĶãķこãĻがįĩ‚わãĢたわけでãŊありãūせん。čĨŋæī‹äššãŪį”Ÿãæ–đやįŋ’æ…ĢãŦãŊ興å‘ģをãēかれるこãĻがいろいろãĻあるからです」


 æŊčĶŠã€Œį§ãŸãĄãŊ暖į‚‰ãŦįŦをくãđおがら、よくシãƒŦバマバマチさんãŪこãĻを思い凚すこãĻがあるãŪですよ。暖į‚‰ã‚’å›ēんで、シãƒŦバマバマチさんãŊ暖į‚‰ã‚„į‚‰įŦãŊおåĨ―きだろうかね、おãĐãĻčŠžã‚Šåˆã†ã‚“ã§ã™ã‚ˆã€

 シ「į§ãŊいãĪもį§ãļ愛情をčĶšãˆãĶくださるæ–đ々ãŪ愛åŋĩãŦよãĢãĶåŋƒã‚’æļĐめãĶおりãūす。į§ãŦãĻãĢãĶãŊ地äļŠã§įŠ’æŊしおいためãŦåļå…Ĩできるå”Ŋäļ€ãŪé…ļįī ãŊ〝愛〟おãŪです。地äļŠãļ降りãĶæĨるためãŦ、お預けãŦされる喜ãģをčĢœãĢãĶくれる最åĪ§ãŪ慰めãŊįš†ã•ã‚“からãŪ愛おãŪです。

į§ãŪ朎æĨãŪä―å‡ĶであるéŦ˜įīšį•ŒãŪ霊įš„į”ŸæīŧãŪ荘åŽģをきわめたįūŽã—さをäļ€åšĶä―“éĻ“されたら───äļ€åšĶでもそãŪäļ–į•ŒãŪæĐæĩをãŧしいãūãūãŦできるį”Ÿæīŧã‚’ä―“éĻ“されたら、悊意ãĻæ•ĩ意、憎しãŋãĻ闘䚉、æĩčĄ€ãĻæ‚ē劇ãŦæš€ãĄãŸã“ãŪå†·ãŸãé™°éŽąãŠåœ°äļŠį”ŸæīŧãŊもう䚌åšĶãĻåūĄå…ã“うむりたいãĻ思われるãŊずです。

 そんおäļ–į•ŒãŦčšŦをį―ŪいãĶいるį§ãŦãĻãĢãĶ、įš†ã•ã‚“æ–đãŪįœŸį†æ™Ū及ãŪ行į‚šãŦよãĢãĶ魂がį›ŪčĶšã‚ãŸäššã€…ãŪåŋƒãŦįŊされた愛åŋĩãŒä―•ã‚ˆã‚ŠãŪ慰めãĻおãĢãĶおりãūす。地äļŠäļ–į•Œã§ãŪäŧ•äš‹ãŊ困é›Ģをきわめãūす。冷え切ãĢたåŋƒã€æ­Šã‚“だåŋƒãŪæŒãĄäļŧ、į§ãŸãĄã‹ã‚‰ãŪåĄæ™šã‚„æŒ‡å°ŽãŊãŠã‚ã‹ã€č‡Šã‚‰ãŪ愛すら感じおくおãĢãĶいる䚚々がåĪ§å‹Ēいãūす。

そうしたäļ­ãŦあãĢãĶčĶŠčŋ‘感や同情åŋƒã€åƒšå‹įēūįĨžã‚„同åŋ—įš„友情がいかãŦåĪ§ããŠå…ƒæ°—ãĨけãĻおるもãŪであるか、ご存įŸĨでしょうか。ãŋおさんがæƒģ像されるäŧĨäļŠãŦį§ãŦãĻãĢãĶ力ãĻおãĢãĶおりãūす。さらãŦåĪšããŪ䚚々ãļ手をå·ŪしãŪãđãĶいくためãŪįģ§ã‚’äū›įĩĶしãĶくださãĢãĶいるこãĻãŦおるãŪです。

 おらば、道をčĶ‹åĪąã„、同情ãŪčĻ€č‘‰ãŦéĢĒえ、導きãĻ慰めãĻåļŒæœ›ãŪčĻ€č‘‰ã‚’æą‚ã‚ãĶそãŪæ—ĨæšŪらしãŪį”ŸæīŧãŦ明けæšŪれãĶいる気ãŪæŊ’ãŠäššãŸãĄãŪこãĻãŦåļļãŦ思いをéĶģせようでãŊありãūせんか。そういうæ–đãŸãĄãŊãŋお、こãŪäļ–ãŦč‡Šåˆ†äļ€äššã ã‘取りæŪ‹ã•ã‚ŒãŸã‚ˆã†ãŠæ‚ē哀ãŪäļ­ã§į”ŸããĶいるãŪです。

ãã†ã„ã†äššãŸãĄã“ãį§ãŸãĄãŒéœŠåŠ›ãŪ行ä―ŋįŊ„å›ēãŦ導くためãŦä―•ãĻかしãĶあげおくãĶãŊおらおいãŪです。į‰Đ憂いæ‚ē嘆ãŪį”Ÿæīŧをäļ€åĪ‰ã•ã›ã€åļŒæœ›ãŪ光ãĻįœŸį†ãŪ感č§ĶãĻをį”ŸæīŧãŪäļ­ãŦもたらしãĶあげるこãĻができるãŪです。

 ごæ‰ŋįŸĨãŪ通りį§ãŊこれからしばしãŪ間地äļŠã‚’åŽŧりãūす。うしろéŦŠã‚’垕かれる思いがいたしãūすが、しかし時ãŦãŊéŦ˜ãäļ–į•Œã‹ã‚‰ãŪã‚ĻネãƒŦã‚Ūマを再充é›ŧし、同じä―ŋå‘―ãŦ搚わる同čžĐãĻå”č­°ã—ã€åĪąæ•—įŪ‡æ‰€ãĻ成功、䚈åŪšãĐうりãŦé€ēčĄŒã—ãĶいるãĻころãĻそうでおいãĻころãŦãĪいãĶ指įĪšã‚’äŧ°ãã“ãĻがãĐうしãĶもåŋ…čĶãŠãŪです。

そãŪãĻきį§ãŊįš†ã•ã‚“からãŪ愛をたずさえãĶčĄŒãã€į§ã‹ã‚‰ãŪ愛をãŋおさんãŦお預けしãĶãūいりãūす。再ãģæˆŧãĢãĶくるæ—Ĩをåŋƒåū…ãĄãŦいたしãĶおりãūす。

 それでãŊ最åūŒãŦãŋおさんãĻãĻもãŦåŪ‡åŪ™ãŪ最éŦ˜ãŪã‚ĻネãƒŦã‚Ūマ、į§ãŸãĄãŒããŪäļ€éƒĻを構成しãĶいるãĻころãŪįĨžãŪã‚ĻネãƒŦã‚ŪマãŦæģĒ長を合わせãūしょう。そãŪã‚ĻネãƒŦã‚Ūマ、įĨžãŪåūĄåŠ›ã€åĪ§éœŠãŪæŊåđãŪæĐæĩをæ”đめãĶæ„č­˜ã„ãŸã—ãūしょう。

そãŪ最éŦ˜ãŪ力を受けるãŦį›ļåŋœã—い存åœĻであるようãŦ劊力いたしãūしょう。čĻ—されたäŋĄé žã‚’čĢåˆ‡ã‚‹ã“ãĻãŪおいようãŦ劊力いたしãūしょう。éŦ˜čēīおį›Ūįš„ãŪためãŪ道具ãĻしãĶæĨずかしくおいį”Ÿãæ–đã€č€ƒãˆæ–đ、į‰ĐãŪčĻ€ã„æ–đをåŋƒãŒã‘ãūしょう。そしãĶ、いかおる䚋態ãŦ遭ãĢãĶも、そãŪįĨžč–おるä―ŋå‘―ã‚’å‚·ãĪけるこãĻãŪおいようãŦč‡īしãūしょう。

 双č‚ĐãŦ担わされたä―ŋå‘―ã‚’å ‚ã€…ãĻé‚čĄŒã„ãŸã—ãūしょう。これから降りかかるåĶ‚ä―•ãŠã‚‹å—é›ĢãŦも、䚚ãŪためãŦå·ąã‚’å―đįŦ‹ãĶたいãĻæœ›ã‚€č€…ãŊåļļãŦ限りおい愛をį§˜ã‚ãŸåĪ§éœŠãĻäļ€ä―“であるãĻãŪäŋĄåŋĩをį‡ƒã‚„しãĶ、äļæ’“ïūŒïū„ï―ģäļåąˆãŪæąšæ„ã‚’æŒãĢãĶįŦ‹ãĄå‘かいãūしょう」

       â€ŧ      â€ŧ       â€ŧ                 

 įķšã„ãĶįŋŒåđīãŪã‚Ŋナã‚đマã‚đãŦもãƒŦマã‚đãĻポマãƒŦãŪ䚌䚚が招かれãĶいる。シãƒŦバマバマチãŦよれば、䚌䚚ãŪ存åœĻもčĻˆį”ŧãŪäļ­ãŦįĩ„ãŋčūžãūれãĶおり、䚌䚚を通しãĶ、それおくしãĶãŊåū—られおい掛けがえãŪおい力をåū—ãĶいるãĻいうこãĻである。

 こãŪたãģãŪäšĪ霊侚ãŊã‚Ŋナã‚đマã‚đãĻãŊãĐういう意å‘ģがあるãŪかãĻいうčĐąéĄŒã‹ã‚‰å§‹ãūãĢた。ãĻいうãŪãŊ、そãŪ頃ポマãƒŦãŪå­Ķæ Ąã§ã‚Ŋナã‚đマã‚đãŦãĪいãĶãŪおčĐąãŒã‚ã‚Šã€ãƒãƒžãƒŦãŊそãŪ意å‘ģがよく分からおくãĶ、åŪķãŦåļ°ãĢãĶからäļĄčĶŠãŦčŠŽæ˜Žã‚’æą‚ã‚ãŸã°ã‹ã‚Šã ãĢたãŪである。
 
 そãŪいきさãĪã‚’čžã„ãŸã‚·ãƒŦバマバマチがこうčŋ°ãđた。


 「そãŪå•éĄŒãŦå…ĨるãŦ先įŦ‹ãĢãĶįŸĨãĢãĶおいãĶいただかねばおらおいこãĻがありãūす。ãĻいうãŪãŊ、æ°ļいあいだ地äļŠäššéĄžã‚’æ‚ĐãūせãĶきたãĪãūã‚‰ãŠã„å•éĄŒã‹ã‚‰ã•ããŦį‰‡ãĨけãĶおくåŋ…čĶãŒã‚るからです。ポマãƒŦ君ãŊįĨžãŦãĪいãĶãĐういうį‚đがč‰Ŋく分からおいãŪでしょうか」


 ポマãƒŦ「これãūでいろんお䚚がįĨžãŦãĪいãĶã„ã‚ã‚“ãŠčŠŽãæ–đをしãĶいるãŋたいです。それぞれãŋんお違ãĢãĶおり、これだãĻåū—åŋƒã„くもãŪがäļ€ãĪもおいãŪです」


 〇〝įĨžã€ŸãŪ思æƒģãŪé€ēæ­Đ

 シ「そãŪ通りおãŪです。åŋ˜ã‚ŒãĶおらおいãŪãŊ、䚚間ãŊãĪねãŦ成長しãĶおり、įēūįĨžãŪ地åđģį·šãŒįĩķえ間おく嚃がãĢãĶいるãĻいうこãĻです。čĻ€ã„かえれば、åĒƒį•Œį·šãŒå–ã‚Šé™ĪかれãĶいきãĪãĪあるãĻいうこãĻです。įŸĨč­˜ãŒé€ēæ­ĐすればåŪ‡åŪ™ããŪもãŪãĻ、そãŪåŪ‡åŪ™ãŦ存åœĻするもãŪãŦãĪいãĶ、よりåĪ§ããŠį†č§Ģ力がもたらされãūす。

 åĪŠåĪãŦおいãĶãŊ乹間ãŊį’°åĒƒãŦãĪいãĶãŧãĻんãĐįŸĨč­˜ãŒãŠãã€č‡Šį„ķįū蹥ãŦãĪいãĶãŊãūãĢたくį†č§ĢしãĶいおかãĢたためãŦã€ä―•ã‚‚ã‹ã‚‚įĨžæ§˜ãŪäŧ•æĨ­ãŦしãĶおりãūした。そãŪįĨžæ§˜ãŦãĪいãĶã‚‚äššé–“ã‚’åĪ§ããã—たようお存åœĻãĻしãĶしかæƒģ像できãūせんでした。

そこãŦįŠ į‰ēï―ēï―đïū†ï―īãŪ思æƒģãŪ原į‚đがありãūす。雷がéģīりįĻē光がするãĻįĨžæ§˜ãŒæ€’ãĢãĶおられるãŪだãĻ思い、そãŪ怒りをéŽŪめるためãŦいろんおおäū›ãˆã‚’するようãŦおãĢたãŪです。

 そうした野č›ŪãŠå°ã•ã„č€ƒãˆã‚‚æŽĄįŽŽãŦåĪ§ããæˆé•·ã—、䚚間ãŊį„ĄįŸĨãŪæš—é—‡ã‹ã‚‰č„ąã—ã€čŋ·äŋĄãŪ霧をįŠãæŠœã‘、įŸĨ識ãŪåĪœæ˜Žã‘ã‚’čŋŽãˆãĶ、åŪ‡åŪ™ãŪæ đ暐ãŊãĐうやら䚚間ãŪæƒģ像をčķ…えたもãŪらしいãĻいうこãĻãŦ気ãĨきãŊじめãūした。

しかし、だからãĻいãĢãĶåĪいæĶ‚åŋĩがそうį°Ąå˜ãŦæķˆãˆãŸã‚ã‘でãŊありãūã›ã‚“ã€‚ä―•ã‹ã™ã”ãåĪ§ããŠäššé–“ãŪį”·æ€§ãŪようおå§ŋをしたįĨžæ§˜ãŒåŪ‡åŪ™ã‚’こしらえたãŪだãĻいうæĶ‚åŋĩãŒã€ä―•åäļ–įī€ã‚‚たãĢたäŧŠã‚‚おお存åœĻしãĶいãūす。

 さãĶį§ãŸãĄãŊさらãŦäļ€æ­Đé€ēめãĶ、åŪ‡åŪ™ã‚’å‰ĩ造しそしãĶæ”Ŋ配しãĶいるもãŪãŊ、į”·æ€§įĨžã§ã‚‚おく、åĨģ性įĨžã§ã‚‚おく、ãĻãŦかくå―Ēある存åœĻでãŊį„Ąã„ãĻčŠŽã„ãĶいるãŪです。䚚間įš„お存åœĻでãŊおいãŪです。

åŪ‡åŪ™ãŊæģ•å‰‡ãŦよãĢãĶæ”Ŋ配されãĶおり、そãŪæģ•å‰‡ãŊčĶæĻĄãŦおいãĶもéĐį”Ļ性ãŦおいãĶもį„Ąé™ãŠãŪです。それãŊį„Ąé™ãŪ愛ãĻåĄæ™šã‹ã‚‰į”ŸãūれたもãŪであり、したがãĢãĶåŪŒį’§ã§ã‚り、čŠĪãĢたりåĪąæ•—したりするこãĻがįĩķåŊūãŦおいãŪです。

 į§ãŊį”Ÿå‘―ãĻãŊ霊ãŪこãĻであり、霊ãĻãŊį”Ÿå‘―ãŪこãĻであり、初めもおくįĩ‚わりもおいãĻčŠŽã„ãĶおりãūす。霊をį‰ĐčģŠãŪäļ­ãŦ閉じčūžã‚ãĶしãūうこãĻãŊできãūせん。į‰ĐčģŠãĻいうãŪãŊ霊ãŪč‡ģãĢãĶおįē—æœŦおčĄĻįūでしかありãūせん。į‰ĐčģŠį•ŒãŦį”Ÿãã‚‹äššé–“ãŊčĶ–čĶšãĻčīčĶšãĻč§ĶčĶšãĻ嗅čĶšãĻå‘ģčĶšãŪ乔ãĪãŪ感čĶšã§ã—かį‰Đäš‹ã‚’åˆĪ断するこãĻが凚æĨãūせんから、そãŪ䚔感をčķ…えたį”Ÿå‘―ãŪ朎čģŠã‚’į†č§ĢするこãĻãŊãūずį„Ąį†ãŠãŪです。

 そうした限į•ŒãŪäļ­ã§į”ŸããĶいるかぎり、そãŪ限į•ŒãŪ向うåīãŦあるもãŪがį†č§Ģできるわけがありãūã›ã‚“ã€‚ãã“ã§æŽĄãŪようおįĩčŦ–ãĻおりãūã™ã€‚ã™ãŠã‚ãĄåŪ‡åŪ™ãŊ臩į„ķæģ•å‰‡ãŦよãĢãĶčĄĻįūされãĶいるこãĻ、そãŪæģ•å‰‡ãŪ背åūŒãŦã‚ã‚‹åĄæ™šãŊåŪŒå…ĻであるこãĻ、しかし䚚間ãŊäļåŪŒå…ĻであるためãŦそãŪåŪŒå…Ļさをį†č§ĢするこãĻができおいãĻいうこãĻです。

äššé–“ãŒå€‹ä―“æ€§ã‚’å…·ãˆãŸé™ã‚Šã‚ã‚‹å­˜åœĻであるäŧĨäļŠã€å€‹ä―“性ãŪおいį„Ąé™ãŪ存åœĻをį†č§ĢするこãĻãŊ凚æĨおいãŪです。これãŊãĻãĶもé›Ģã—ã„å•éĄŒã§ã™ãŒã€å°‘ã—ã§ã‚‚į†č§ĢãŪ手åŠĐけãŦおればãĻ思ãĢãĶį”ģしäļŠã’ãĶãŋãūした。

ã€€äššéĄžãŪå…ĻãĶが───地įƒãĻいうäļ€å€‹ãŪåĪĐä―“äļŠã ã‘でãŊありãūせん。数え切れおいãŧãĐãŪåĪĐä―“äļŠãŪ乹間įš„å­˜åœĻãŪすãđãĶがそうおãŪですが───į§ãŪいうåĪ§éœŠã€įš†ã•ã‚“ãŪいうįĨžãŪäļ€éƒĻを構成しãĶいるãŪです。åĪ§éœŠãĻãŊå…ĻåŪ‡åŪ™ãŪ霊ãŪį·åˆä―“だからです。これおら分かるでしょう 」


 ãƒŦマã‚đ「䚚間ãŊé€ēæ­ĐするãŧãĐįĨžãŦãĪいãĶčĪ‡é›‘ãŠč€ƒãˆæ–đをするようãŦおり、čĪ‡é›‘ãŦおるãŧãĐįœŸåŪŸã‹ã‚‰é ã–かãĢãĶいくãŪでãŊおいでしょうか」


 〇ãŧんãĻうãŪé€ēæ­ĐãĻãŊ

ã€€ã‚·ã€ŒæœŽå―“ãŪ意å‘ģでãŪé€ēæ­ĐであればそういうこãĻãŦãŊおりãūせん。åŪŸãŊ〝č„ģ〟ばかりį™šé”しãĶ〝įēūįĨžã€Ÿã‚„〝霊〟ãŪį™šé”がäžīãĢãĶいおいこãĻがあるãŪです。するãĻé ­ãŪいい䚚がåĪšããŠã‚Šãūすが、頭がいいãĻいうこãĻãŊåŋ…ずしも偉åĪ§ãŠé­‚、あるいãŊ偉åĪ§ãŠįēūįĨžãŪæŒãĄäļŧãĻいうこãĻãŦãŊおらおいãŪです。

 それãŊč„ģãĻいうį‰ĐčģŠãŪãŋãŦ限られたį™šé”おãŪです。そういうį™šé”をした䚚ãŪäļ­ãŦãŊčĪ‡é›‘おもãŪãŧãĐįŦ‹æīūであるかãŦ思ãĢãĶいる䚚がいるこãĻãŊįĒšã‹ã§ã™ãŒã€æœŽå―“ãŪį™šé”、įēūįĨžãĻ魂ãŪį™šé”ã‚’äžīãĢたもãŪであれば、霊įš„おこãĻãŦãĪいãĶã‚‚ã‚ˆã‚Šæ·ąãį†č§ĢするようãŦおりãūす。

æ­Ģしいį™šé”ãĻãŊįēūįĨžįš„おらãģãŦ霊įš„おį™šé”ãŪこãĻをčĻ€ã†ãŪです。そういうį™šé”をしãĶいる䚚ãŊåĪい間違ãĢたæĶ‚åŋĩをæĻãĶãĶ、ãūすãūすįœŸį†ãŦčŋ‘ãĨいãĶãūいりãūす。

 いãĪもåŋ˜ã‚ŒãšãŦいãĶãŧしいãŪãŊ、į„Ąé™ãŪ存åœĻであるåĪ§éœŠãŪすãđãĶを、限りあるčĻ€čŠžã§čŠŽæ˜Žã™ã‚‹ã“ãĻãŊäļåŊčƒ―ã ãĻいうこãĻです。åĪ§ãã„ã‚‚ãŪを小さいもãŪãŪäļ­ãŦå…ĨれるこãĻãŊできãūせん。これãŊå―“ãŸã‚Šå‰ãŪこãĻです。分かãĢãĶもらえたかおさãĶãŧかãŦ、ãĐんおčģŠå•ãŒã‚ã‚Šãūすか」



ã€€ã€€ã€‡äššéĄžæœ€åĪ§ãŪį™ščĶ‹ãŊ

 ãƒŦマã‚đã€ŒäššéĄžãŦよる最åĪ§ãŪį™ščĶ‹ãŊä―•ã ãĻ思われãūすか」

 シ「これãŊé›Ģã—ã„å•éĄŒã§ã™ã‚ˆã€‚ã€æœ€åĪ§ã€ŸãĻいうčĻ€č‘‰ãŪ意å‘ģがいろいろあるからです。ãĐういう意å‘ģでãŪ〝最åĪ§ã€ŸãŠãŪか───į‰Đįš„ãŦか、įēūįĨžįš„ãŦか、霊įš„ãŦか、それを前もãĢãĶč€ƒãˆãĶからčģŠå•ã™ãđきですね。

 į§ãŪč€ƒãˆã§ãŊã€äššéĄžãŦよる最åĪ§ãŪį™ščĶ‹ãŊ乹間ãŊ動į‰ĐãĻãŊ違うこãĻïžˆéœŠé•·éĄžã§ã‚ã‚‹ã“ãĻをįŸĨãĢたこãĻã€č‡Šæˆ‘æ„č­˜ãĻいうもãŪがあるこãĻをįŸĨãĢたこãĻã€éœŠæ€§ã‚’č‡ŠčĶšã—たこãĻ、おįē—æœŦãĻãŊいえčšŦãŪ回りãŪįū蹥ãŦãĪいãĶįŸĨã‚‹čƒ―åŠ›ãŒã‚ã‚‹ã“ãĻをįŸĨãĢたこãĻです。それがäŧ–ãŪå…ĻãĶãŪį™ščĶ‹ãļãĻãĪおがãĢたからです。

 äŧŠã€éœŠæ€§ã‚’臊čĶšã—たこãĻ〟ãĻčĻ€ã„ãūしたが、そãŪ意å‘ģãŊã€äššé–“ãŒč‚‰ä―“äŧĨäļŠãŪ存åœĻであるこãĻ、į‰Đčģ‡ã‚’čķ…えた存åœĻであるこãĻ、やがãĶæœ―ãĄæžœãĶãĶ、土ãŦåļ°ãĢãĶいくį‰ĐčģŠįš„åŪđå™ĻãĻãŊ違う存åœĻであるこãĻをįŸĨãĢたãĻいうこãĻです。į§ãŊã“ã‚ŒãŒä―•ã‚ˆã‚Šã‚‚åĪ§ããŠį™ščĶ‹ã§ã‚ã‚‹ãĻ思いãūす。

 が、ãƒŦマã‚đãĄã‚ƒã‚“ãŪčģŠå•ãŒį§ãŦãĻãĢãĶãŪ最åĪ§ãŪį™ščĶ‹ãŊä―•ã‹ãĻいう意å‘ģであれば、čĐąãŊãūた違ãĢãĶきãūす」


 〇シãƒŦバマバマチãŪ最åĪ§ãŪį™ščĶ‹

 ポマãƒŦã€Œãã‚Œã‚’čžããŸã„ã§ã™ã€‚ãœãēčĐąã—ãĶください」

 シ「į§ãŦãĻãĢãĶãŪ最åĪ§ãŪį™ščĶ‹ãŊ地äļŠãŪåĪšããŪäššãŸãĄãŒå–„æ„ãĻ情愛ãĻåƒšå‹æ„č­˜ãĻ、そしãĶ愛ãūでもこんおãŦたくさん持ãĢãĶおられるこãĻをįŸĨãĢたこãĻです。

ãūた、čĻīえæ–đがæ­Ģしければ、そãŪ愛を朎性から呞ãģčĶšãūすこãĻができるãĻいうこãĻ、最éŦ˜ãŪæģĒ長ãŦさえ反åŋœã—ãĶくれるãĻいうこãĻ、気éŦ˜ã„å“čĄŒã‚’åŋ—し、気éŦ˜ã„思åŋĩを持ãĪこãĻができるãĻいうこãĻã€č‡Šå·ąãŪåˆĐį›Šã‚„打įŪ—ã‚’čķ…えた、よりåĪ§ããŠã‚‚ãŪãŦåŋƒã‚’動かされうるãĻいうこãĻ、į†æƒģäļŧįūĐ、愛äŧ–įēūįĨžã€åĨ‰äŧ•įš„įēūįĨžãŦã‚‚å…ąéģīしãĶくれるもãŪであるこãĻをįŸĨãĢたこãĻです。

 こãŪ冷たくãĶうãĢé™ķしい、およそ魅力ãŪãŠã„é™°éŽąãŠåœ°äļŠã§ãŪäŧ•äš‹ãŦæ‰“ãĄčūžã‚“できたこれãūでãŪæ°ļいåđī月をæŒŊりčŋ”ãĢãĶãŋãĶ、į§ãŊäļ€åšĶもおį›ŪãŦかかãĢたこãĻãŪおい䚚でありおがら、į§ãŪčĻ“えで救われたãĻã„ã†æ°—æŒãĄã‹ã‚‰ã€æ„ŸčŽãŪ愛åŋĩを送ãĢãĶくださるæ–đ々がåĒ—えるこãĻãŦよãĢãĶ、地äļŠãŦこうãūでæļĐかãŋがもたらされるもãŪかãĻ、éĐšããŪåŋĩをįĶã˜åū—ãūせん。

それãŧãĐåĪšããŪ愛を頂æˆīするこãĻãŦおろうãĻãŊ䚈æƒģもしãūせんでした。į§ãŦãĻãĢãĶãŊãã‚Œã“ããŒæ„ŸčŽãŪ暐æģ‰ã§ã‚り、それがį§ã‚’æ›īãŦéž“čˆžã—ã€åŒæ™‚ãŦ、å‹ŋä―“ãŠã„ã“ãĻだãĻã„ã†æ°—æŒãĄãŦもさせられãūす。おぜおらį§ãŊそれãŦå€ĪするãŧãĐãŪこãĻãŊしãĶいおいãĻã„ã†č‡ŠčĶšãŒã‚るからです」

 ãƒŦマã‚đãĻポマãƒŦãŦãĻãĢãĶ、こãŪį­”えãŊさすがãŦ意åĪ–だãĢたようである。子äū›åŋƒãŦ、もãĢãĻæĨ―しいčĐąã‚’äšˆæƒģしãĶいたãŪであろう。が、䚌䚚ãŊかえãĢãĶ興å‘ģをそそられ、さらãŦčģŠå•ã™ã‚‹ã€‚

 
 〇į‰ĐčģŠæ–‡åŒ–ãŪį™šé”がåˆĐå·ąäļŧįūĐをį”Ÿã‚“だ

 ポマãƒŦ「シãƒŦバマバマチさんが地äļŠãļ降りãĶこられãĶから地äļŠãŦãŊãĐんおåĪ‰åŒ–があり、霊į•Œã§ãŊãĐんおåĪ‰åŒ–がありãūしたか」

 シ「åĪ§ã–ãĢãąãŦčĻ€ãˆã°ã€åœ°äļŠãŦおけるåĪ‰åŒ–ãŊ〝文明化〟ãĻいわれる過įĻ‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚äššéĄžãŊį‰ĐčģŠįš„おéĒでåĪ§ããéĢ›čšã—ãūした。åĪ§č‡Šį„ķãŪäŧ•įĩ„ãŋãŦãĪいãĶåĪšããŪį™ščĶ‹ã‚’しãūã—ãŸã€‚åąąé ‚ã‚’åūæœã—æĩ·åš•ã‚’æŽĒæŸŧするようãŦおりãūした。åĪ§é™ļãĻåĪ§æī‹ã‚’æĻŠæ–­ã™ã‚‹ã‚ˆã†ãŦおりãūした。į‰ĐčģŠįš„おéĒでãŊ非åļļãŦéŦ˜åšĶおもãŪã‚’æˆå°ąã—ãūした。éКį•°įš„おį™šé”ãķりであãĢたãĻčĻ€ãˆãūしょう。

しかし、同じį™šé”がįēūįĨžéĒãĻ霊įš„おéĒãŦčĶ‹ã‚‰ã‚ŒãŠã„ãŪã§ã™ã€‚äššéĄžãŊį‰ĐčģŠãĻįēūįĨžãĻ魂ãŪã†ãĄãŪį‰ĐčģŠéĒだけがį•°åļļãŦ成長しãĶしãūいãūした。äŧ–ãŪ乌ãĪãŪåīéĒがそれãŦãĪいãĶ行ãĢãĶいおいãŪです。それがåˆĐå·ąäļŧįūĐãĻčĻ€ã†ã€åœ°äļŠã§ã‚‚ãĢãĻも厄äŧ‹ãŠį―Šã‚’į”Ÿã‚€ã“ãĻãŦおãĢたãŪです。

 さãĶ、こうした䚋åŪŸã‹ã‚‰å­Ķばねばおらおい教čĻ“がありãūす。それãŊ、į‰ĐčģŠéĒでãŪį™šé”を、å…ĻéĒįš„でãŊおくãĶもいいから、霊įš„おらãģãŦįēūįĨžįš„åīéĒãŦもあるįĻ‹åšĶ反映するようãŦãŠã‚‰ãŠã„ã‹ãŽã‚Šã€äššéĄžãŊč‡Šã‚‰ãŪ存åœĻãŪį”Ģį‰Đã€č‡Šã‚‰ãŪå‰ĩ造ãŪ成果をåđģ和įš„į”ŸæīŧãŪäļ­ã§å‘ģわえるようãŦãŊおらおいãĻいうこãĻです。

そうおらおい限り地äļŠãŦãŊæ··æēŒãĻį„Ąį§Đ嚏ãĻäļå”å’ŒéŸģがįĩķえおいãĻいうこãĻです。č‰ŊいこãĻをしようãĻいう意æŽēをčĩ·ã“させ、協čŠŋãĻåĨ‰äŧ•ãŪäŧ•äš‹ãļéž“čˆžã™ã‚‹ãŪãŊįēūįĨžãĻ霊ãŪį™šé”おãŪです。

 įēūįĨžãĻ霊ãŪį™šé”ãŊåˆĐå·ąäļŧįūĐをæŧ…ぞし、äŧĢわãĢãĶ霊įš„æ•™čĻ“をもたらしãūす。įēūįĨžãĻ霊ãŦåŪŋã•ã‚ŒãŸæ‰čƒ―ã‚’é–‹į™šã—、そãŪäļŠã§į‰ĐčģŠįš„文明ãŪį”Ģį‰Đã‚’č‡Šåˆ†äļ€äššãŪためでおくäŧ–ãŪすãđãĶãŪäššãŸãĄãŪためãŦæīŧį”ĻするようãŦおれば、いわゆる地äļŠåĪĐå›―ãŒåŪŸįūされãūす。地äļŠäļ–į•ŒãŪすãđãĶãŪäššé–“ãŒč‡Šåˆ†ã‚ˆã‚Šäļåđļお䚚ãŪためãŦå―đįŦ‹ãĶã‚‹ä―•ã‚‰ã‹ãŪæ‰čƒ―ã‚’å…·ãˆãĶるãŪです。

 さãĶ、そãŪ間ãŦ霊į•Œã§ãŊãĐんおåĪ‰åŒ–があãĢたかãĻいうごčģŠå•ã§ã™ãŒã€ã“ã‚ŒãŊ地äļŠäļ–į•ŒãŪこãĻより、ãŊるかãŦおį­”えしãŦãã„å•éĄŒã§ã™ã€‚į°Ąå˜ãŦčĻ€ãĢãĶしãūえば、地äļŠãĻãŪã‚ģミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒžã‚·ãƒ§ãƒģãŪæĐ‹ã‚’æžķけるäŧ•äš‹ãŒã‹ãĪãĶおくįĩ„įđ”įš„ãĻおり、䚌åšĶãĻ地äļŠäļ–į•ŒãŒãƒãƒĢãƒģネãƒŦ霊劒ãƒŧéœŠčƒ―č€…ïž‰ãŪäļčķģから霊į•ŒãĻįĩķįļįŠķ態ãĻおるこãĻãŪおいよう、å…ĨåŋĩおčĻˆį”ŧがå·ĨåĪŦされそしãĶåŪŸčĄŒãŦį§ŧされãĶいるãĻいうこãĻです。これäŧĨäļŠãŪčŠŽæ˜ŽãŊé›Ģしいです」

čĻģ者æģĻ───シãƒŦバマバマチãŪåŋĩé ­ãŦãŊåĪšåˆ†ã€ã‚Šãƒžã‚ĻãƒģãŪ 『ベマãƒŦãŪå―žæ–đãŪį”Ÿæīŧ』įŽŽå››å·ŧで叙čŋ°ã•ã‚ŒãĶいるようãŦ、åĪĐį•ŒãŪåĪ§čŧãŒã‚­ãƒŠã‚đトをäļ­åŋƒãĻしãĶįĩ„įđ”されãĶゆãĢくりãĻ降äļ‹ã—、それがäŧŠæ—Ĩã‚đピナチãƒĨã‚Ēナ゚ムãĻいう名ãŪもãĻでãŪ霊įš„æĩ„化運動ãĻおãĢãĶいるこãĻがあãĢたãŪであろう


ã€€ãƒĄãƒģバマãŪäļ€äššã€ŒéœŠį•ŒãŦおいãĶそうしたåĪ§ããŠäŧ•äš‹ãŒæˆå°ąã•ã‚Œã€ã‚ģミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒžã‚·ãƒ§ãƒģãŪためãŪ回į·šãŒæ•·čĻ­ã•ã‚Œã€čĻˆį”ŧが順čŠŋãŦæŽĻé€ēされãĶいるこãĻをįŸĨãĢãĶį§ãŸãĄã‚‚うれしく思いãūす。これãŦãŊį§€ã‚ŒãŸéœŠåŠ’がčĶčŦ‹ã•ã‚Œã‚‹ã“ãĻãŦおりãūすが、äŧŠãã‚ŒãŒéžåļļãŦäļčķģしãĶおりãūす」

 シ「道具ãŊそãŪã†ãĄæƒã„ãūす。霊力がåĪšããŪチãƒĢãƒģネãƒŦを通じãĶæĐæĩをもたらすようãŦおりãūす。ãĐんãĐんåĒ—えãĶいきãūす。これãūでãŪ成果をčĶ‹ãĶこãŪįĻ‹åšĶãŪもãŪãĻ思ãĢãĶãŊおりãūã›ã‚“ã€‚æąšã—ãĶこãŪįĻ‹åšĶでįĩ‚わるもãŪでãŊありãūせん。æ˜Ļæ—ĨよりãŊäŧŠæ—Ĩ、äŧŠæ—ĨよりãŊ明æ—ĨãĻ、ãūすãūすåĪ§ããŠã“ãĻãŒæˆå°ąã•ã‚ŒãĶいきãūす。

それがé€ēæ­ĐãĻいうもãŪです。我々もé€ēæ­ĐしãĶいくãŪです。〝われわれãŪåūŒãŊčŠ°ãŒåž•ãįķ™ã„でくれるãŪだろう〟───そうåŋƒé…ãŠã•ã‚‹æ–đがåŋ…ずいるもãŪですが、あおたæ–đãŪäŧ•äš‹ãŒįĩ‚わればäŧĢわãĢãĶåˆĨãŪ䚚がį”Ļ意されãūす。かくしãĶ霊力がäŧŠæ—ĨäŧĨäļŠãŦ地äļŠãļæĩã‚ŒčūžãŋãĪãĨけãūす。それãŊ芰ãŦもé˜ŧæ­Ēできãūせん」


 ãƒŦマã‚đ「äŧŠãŊã‚đピナチãƒĨã‚Ēナ゚ムãĻいうå―Ēで霊į•ŒãĻ地äļŠį•ŒãĻãŪ間ãŦã‚ģミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒžã‚·ãƒ§ãƒģが開かれãĶおりãūすが、それäŧĨ前ãŦもåĪ§ããŠã‚ģミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒžã‚·ãƒ§ãƒģãŪ時äŧĢがあãĢたãŪでしょうか」

 シ「äļ€æ™‚įš„ãŦã‚Īãƒģã‚đピノマショãƒģがあãĩれ凚たこãĻãŊありãūすが、長įķšãã—ãĶいãūせん。こãŪåšĶãŪã‚ģミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒžã‚·ãƒ§ãƒģãŊįĩ„įđ”įš„であり、協čŠŋįš„であり、įŪĄį†ãƒŧį›ĢįĢãŒčĄŒãåąŠã„ãĶおり、čĶåū‹ãŒã‚ã‚Šãūす。äļ€åĪ§čĻˆį”ŧãŪäļ€éƒĻãĻしãĶčĄŒã‚ã‚ŒãĶおり、そãŪčĻˆį”ŧãŪæŽĻé€ēãŊįš†ã•ã‚“ãŪæƒģ像も及ばおいãŧãĐãŪ協čŠŋä―“åˆķã§čĄŒã‚ã‚ŒãĶおりãūす。

背åūŒãŪįĩ„įđ”ãŊ途æ–đもおくå·ĻåĪ§ã§ã‚り、įī°ã‹ã„ãĻころãūでčĶ‹äš‹ãŠé…æ…ŪがおされãĶおりãūす。すãđãĶãŦčĻˆį”ŧ性がありãūす。

 そうしたčĻˆį”ŧãŪもãĻãŦäļ€äđäļ–įī€åŠã°ãŦ霊į•ŒãŪ扉が開かれたãŪです。こãŪたãģ開かれた扉ãŊ乌åšĶãĻ閉じられるこãĻãŊありãūせん」 čĻģ者æģĻ───äļ€å…Ŧ四å…ŦåđīãŪįąģå›―ã§ãŪフりッã‚Ŋã‚đåŪķでãŪåŋƒéœŠįūčąĄã‚’įšŪ切りãŦ、地įƒãŪäļ€åĪ§æĩ„化æīŧ動が始ãūãĢたãĻいうこãĻ


 〇įĄįœ äļ­ãŊä―•ã‚’ã—ãĶいるか

 ãƒŦマã‚đ ã€Œã‚ãŸã—ãŸãĄãŊįœ ãĢãĶいる間ãŊãĐんおこãĻをしãĶいるãŪでしょうか」

 シ「įš†ã•ã‚“ãŊæŊŽæ™ĐそãŪč‚‰ä―“ã‚’åūŒãŦしãĶåˆĨãŪäļ–į•ŒãļčĄŒããūす。čĻŠã‚ŒãŸäļ–į•Œã§ãŪä―“éĻ“ãŊ乌įĻŪ類ãŦ分けるこãĻが凚æĨãūす。äļ€ãĪãŊ教č‚ēをį›Ūįš„ãĻしたもãŪで、もうäļ€ãĪãŊįī”įē‹ãŦåĻŊæĨ―をį›Ūįš„ãĻしたもãŪです。教č‚ēįš„ä―“éĻ“でãŊ、いずれčĻŠã‚Œã‚‹éœŠį•Œį”Ÿæīŧでä―ŋį”Ļする霊įš„čšŦä―“ãŦãĪいãĶ教わりãūす。åĻŊæĨ―をį›Ūįš„ãĻã—ãŸä―“éĻ“ãŪå ī合ãŊ、たãĻえば霊į•Œã§å‚Žã•ã‚ŒãĶいるいろいろお䞚å īをčĻŠã‚Œãūす。

 いいですか、ãƒŦマã‚đãĄã‚ƒã‚“ã€ã‚ãŠãŸãŊæ˜Ļæ™Đį§ãŪäļ–į•ŒãŪ嚭園ãļé€ĢれãĶ行ãĢãĶもらãĢたãŪですよ。それからポマãƒŦ君ãŊéŸģæĨ―ã‚’čžããŦ行ãĢたãŪですよ」

 ポマãƒŦ「䚌䚚ãĻもそãŪこãĻをčĶšãˆãĶいおいおんãĶ、ãĪãūんおいですね」

 シ「įĒšã‹ãŦ、そう思うãŪもį„Ąį†ãŠã„かもしれãūせんね。でも、それãŊč‚‰ä―“ã‹ã‚‰é›ĒれãĶいる間ãŪį•°æŽĄå…ƒãŪïž‰ä―“éĻ“ã‚’č‚‰ä―“ãŪč„ģでį†č§ĢしようãĻするからおãŪです。ポットãŪæ°īぜんãķをグãƒĐã‚đãŦå…ĨれようãĻしãĶもå…Ĩりãūせんね。それãĻ同じです。でも、åĪĒをæģĻ意しãĶčĶ‹ãĶいるãĻåĨ―いヒãƒģトãŦおるもãŪがčĶ‹ãĪかるãŊずですよ」

 ãƒŦマã‚đ「わけãŪ分からおいåĪĒãŊãĐうį†č§ĢしたらいいãŪですか」

 シ「åĪ‰ãĶこおåĪĒãŪこãĻですか。あれãŊį•°æŽĄå…ƒãŪïž‰ä―“éĻ“ã‚’č„ģで思い凚そうãĻするからそうおるãŪです。č„ģãŊ小さおčĒ‹ãŪようおもãŪã§ã™ã€‚éœŠä―“ãŒč‚‰ä―“ãŦæˆŧãĢãĶきãĶ、そãŪ間ãŪä―“éĻ“ã‚’č„ģãŦčĐ°ã‚čūžã‚‚うãĻするãŪですが、小さおčĒ‹ãŦãŊå…ĻéƒĻがå…Ĩり切れおいãŪです。それをムナしãĶ択しčūžã‚‚うãĻするためãŦあãŪようおåĪ‰ãĶこおå―ĒãŦおるãŪです。

åĪĒãĻいうãŪãŊåˆĨäļ–į•Œã§ãŪä―“éĻ“がそãŪãūãūįūれるãŪでãŊおく、そãŪ断į‰‡įš„お思い凚ãŦすぎãūせん」

 ポマãƒŦ「シãƒŦバマバマチさんãŪおäŧ•äš‹ã§ãžããŸãĄãŦもお手䞝いできるこãĻがあれば教えãĶくだい」

 シ「į§ãŦã‚ãŠãŸãŸãĄãŪ愛ãŪåŋĩを送ãĢãĶください。į§ã‚’äŋĄé žã—、善意ãŪ思åŋĩを送ãĢãĶください。それがį§ãŪä―•ã‚ˆã‚ŠãŪéĢŸãđもãŪでありéĢēãŋį‰ĐおãŪです。ただただ愛がæŽēしいãŪです。善意をいただきたいãŪです。それさえいただければį§ãŊåđļせおãŪです。しかし、ãĐうぞį§ãŪäŧ•äš‹ãŪこãĻでåŋƒé…ã—ãŠã„ã§ãã ã•ã„ã€‚č‡Šåˆ†ã§ãĄã‚ƒã‚“ãĻやりãūすから」


 ここでいãĢたんčĐąéĄŒãŒåĪ–ã‚ŒãĶãƒĄãƒģバマãŪäššãŸãĄãĻčĐąã—ãŸåūŒå†ãģãƒŦマã‚đãĻポマãƒŦãŦ向かãĢãĶæŽĄãŪようお感動įš„お教čĻ“ã‚’čŋ°ãđた。

 シ「お䚌䚚ãŪこれからãŪäššį”ŸãŒæ—Ĩ向ばかりだãĻãŊį”ģしあげられãūせん。曇りãŪæ—ĨもあるこãĻでしょう。時ãŦãŊé›ĻãŦ打たれるこãĻもあるでしょう。困é›ĢおこãĻがあるでしょう。čĐĶį·īãŦ凚䞚うこãĻもあるでしょう。䚚į”ŸãŊäļ€æœŽčŠŋ子ãŪもãŪでãŊありãūせん。

č‰ēå―ĐもありåĪ‰åŒ–もありãūす。障åŪģãŦも凚䞚うこãĻã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ä―•ã‚‚ã‹ã‚‚ã†ãūãčĄŒãæĨ―しいæ—Ĩ々もあれば、すãđãĶがįĩķ望įš„ãŦ思える暗いæ—Ĩ々もある䚋でしょう。そうしたさãūざãūãŠä―“éĻ“ãŪäļ­ã§ã“そ性栞がåŸđわれるãŪです。䚚į”Ÿã‚’å―ĒãĨくãĢãĶいるさãūざãūãŠä―“éĻ“ãŪäļ­ã§åŸđわれるãŪです。

 もしも䚚į”ŸãŒåˆã‚ã‹ã‚‰įĩ‚わりãūでãƒĐã‚ŊãŦ行ãĢたら、もしもäđ—り切るãđき困é›Ģã‚‚ãŠãč€ãˆåŋãķãđきčĐĶį·īもおく、克服すãđき障åŪģもおいãĻしたら、そこãŦãŊä―•ãŪé€ēæ­Đもåū—られおいこãĻãŦおりãūす。ノマã‚đãŊįŦķい合うからこそäūĄå€ĪがあるãŪです。čģžãŊãƒĐã‚ŊãŦãŊčē°ãˆãšäļ€į”Ÿæ‡ļå‘―é ‘åžĩãĢたあãĻãŦいただくからäūĄå€ĪがあるãŪです。

そういうäūĄå€Īある䚚間ãŦおるようãŦ劊力おさい。こãŪäļ–ãŦ克服できおいæ‚ĐãŋãŊありãūせん。ですから、æ‚ĐんでãŊいけおいãŪです。åūæœã§ããŠã„å›°é›ĢãŊおいãŪです。力ãŪ及ばおいãŧãĐåĪ§ããŠå‡šæĨごãĻãŊä―•äļ€ãĪčĩ·ããŠã„ãŪです。

 äļ€ãĪäļ€ãĪãŪįĩŒéĻ“から教čĻ“ã‚’å­ĶãķこãĻです。é›ĢしいãĻ思ãĢた時ãŊ、æ€Ŋãēるãūãšč‡Šåˆ†ãŦムチ打ãĪãŪです。そうすればそれだけ前より垷い䚚間ãĻおりãūã™ã€‚č‡Šåˆ†ãŒéœŠã§ã‚ã‚‹ã“ãĻã€ãã‚ŒãŒč‚‰ä―“ã‚’é€šã—ãĶčĄĻįūしãĶいるãŪだãĻいうこãĻ、そしãĶč‡Šåˆ†ãĻいうæ°ļ遠ãŪ霊ãŦ傷をčē ã‚ã›ãŸã‚ŠåŪģを及ぞしたりするもãŪãŊæąšã—ãĶį”Ÿã˜ãŠã„ãĻいうこãĻをåŋ˜ã‚ŒãŠã„こãĻです。

 äļ–é–“ã§ã„ã†ã€æˆåŠŸč€…ã€ŸãŦおるかおらおいかãŊãĐうでもよいこãĻです。こãŪäļ–įš„お成功ãŦよãĢãĶ手ãŦå…ĨれたもãŪãŊ、そãŪã†ãĄã‚ãĢさりãĻäūĄå€ĪをåĪąãĢãĶしãūいãūす。åĪ§åˆ‡ãŠãŪãŊč‡Šåˆ†ãŪ霊性ãŪ最éŦ˜ãŪもãŪãŦåŊūしãĶ芠åŪŸã§ã‚るこãĻã€č‡Šåˆ†ã§ã“ã‚Œã“ãįœŸåŪŸã§ã‚ã‚‹ãĻäŋĄã˜ã‚‹ã‚‚ãŪãŦį›ŪをãĪãķるこãĻおく、ãŧんãĻうãŪč‡Šåˆ†č‡ŠčšŦãŦåŋ åŪŸã§ã‚るこãĻ、č‰ŊåŋƒãŪå‘―äŧĪãŦįī į›īãŦåū“えるこãĻです。

それさえできれば、äļ–間がãĐうčĶ‹ã‚ˆã†ãĻã€č‡Šåˆ†ãŊč‡Šåˆ†ãĻしãĶæœ€å–„ã‚’å°―ãã—ãŸãŪだãĻいうäŋĄåŋĩがæđ§ã„ãĶきãūす。そしãĶ、いよいよ地äļŠį”ŸæīŧãŦåˆĨれを告げる時がæĨたãĻき、æ­ŧåūŒãŦåū…ãĄå—ã‘ã‚‹į”ŸæīŧãļãŪ備えが十分ãŦできãĶいるãĻã„ã†č‡ŠäŋĄã‚’持ãĢãĶ、åđģį„ķãĻしãĶæ­ŧをčŋŽãˆã‚‹ã“ãĻができãūす。これがį§ã‹ã‚‰ãŪã‚Ēドバã‚Īã‚đです」


 ãƒŦマã‚đ「äŧŠãŪおčĐąã§į§ãŸãĄãŪ最åūŒãŪčģŠå•ã‚’しおくãĶもよくおりãūした」

 シ「さãĶį§ãŊãã‚ãã‚čĄŒã‹ã­ã°ãŠã‚‰ãŠããŠã‚Šãūした。į§ãŪåŽŧりé›Ģã„æ°—æŒãĄãŊお分かりいただけるãĻ思いãūす。せãĢかくãŪčĶŠã—いãĪおがりをしばらくãŪあいだįĩķたねばおらおいからです。į§ãŊもうすãĢかり地äļŠãŪおäŧ˜ãåˆã„がåĨ―きãŦおãĢãĶしãūいãūした。しかし同時ãŦ、しばらくこãŪãĪおがりをįĩķたおいこãĻãŦãŊ、かえãĢãĶį§ãŪ存åœĻäūĄå€Īが小さくおるこãĻã‚‚äš‹åŪŸãŠãŪです。

ä―•ãĻおれば、これから先ãŪäŧ•äš‹ãŦåŋ…čĶãŠã‚ĻネãƒŦã‚Ūマが摂取できるãŪãŊ内åĨĨãŪäļ–į•ŒãŦおいãĶãŪãŋだからです。

 そãŪäļ–į•ŒãŦæˆŧるãĻį§ãŊ地äļŠãļåļ°ã‚ŠãŸã„æ°—æŒãĄãŒč–„ã‚‰ãŽãūす。そこがį§ãŪ朎æĨãŪä―å‡Ķã ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚ä―•ã—ã‚ãã“ãŊåĪĐäļŠįš„およろこãģãŦæš€ãĄãŸå…‰čžã‚ãĩれるäļ–į•ŒãŠãŪです。しかしį§ãŦãŊãūだãūだį‚šã•ã­ã°ãŠã‚‰ãŠã„äŧ•äš‹ãŒã‚ã‚Šãūす。

これãūで成したäŧ•äš‹ãŒãŊたしãĶこれでč‰ŊかãĢたãŪかãĐうかをįĒšã‹ã‚ãŸã„ãŪです。そこでこれから霊ãŪきずおãŦおいãĶčĶŠåŊ†ãŠé–“柄ãŦある同åŋ—ãŸãĄãĻ侚ãĢãĶきたいãŪです。

 į§ãŒåą…おい間もį§ãŪこãĻをåŋ˜ã‚ŒãŠã„でくださいね。į§ãŪå―ąéŸŋ力だけãŊずãĢãĻæŪ‹ãĢãĶいるこãĻをįŸĨãĢãĶください。そãŪã†ãĄãūたį§ãŒãŋずから垕き受けたäŧ•äš‹ãŪæŽĻé€ēãŪためãŦæˆŧãĢãĶãūいりãūす。

æ—Ĩåļļį”ŸæīŧãŦおいãĶįš†ã•ã‚“ã‚’įĩķえ間おくčĶ‹åŪˆã‚Šäŧ˜ãæ·ŧãĢãĶあげるためãŦæˆŧãĢãĶãūいりãūす。įš†ã•ã‚“ãĻį”ŸæīŧをãĻもãŦするこãĻãŊį§ãŦãĻãĢãĶäļ€ãĪãŪæĨ―しãŋおãŪです。おå―đãŦįŦ‹ãĪこãĻが凚æĨるこãĻを光栄ãŦ思ãĢãĶいるãŪです。

 でãŊ、ãūた䞚うæ—ĨãūでおåˆĨれするこãĻãŦいたしãūしょう。į§ãŊいãĪも愛を持ãĢãĶčĻŠã‚Œã€æ„›ã‚’持ãĢãĶåŽŧりãūす。įš†ã•ã‚“ãŦįĨžãŪåūĄæĩãŋãŪåĪšã‹ã‚‰ã‚“こãĻを」
ã‚đポãƒģã‚ĩマã‚ĩã‚Īト



ã‚ģãƒĄãƒģト

ã‚ģãƒĄãƒģトãŪ投įĻŋ

非兎開ã‚ģãƒĄãƒģト